真田幸村を感じる。

長野県が好きになった話の2日目。
たぶん4日で完結すると思う。

たまたま行った日が良くて、NHKの大河ドラマ真田丸で有名になった上田城で、夜桜のライトアップをしてると聞いて迷わず行くことにしました。

でも今年は桜の開花が遅くて、しかも次の日の長野県の最低気温が1℃の予報やったんで、かなりの期待うす。

確かに車で移動してても桜が咲いてる気配が全くない。

ただ、真田丸を欠かさず見てたんで、真田幸村と同じ地を踏めることの方がワクワクするからとにかく行ってみた。

でもやっぱり分からんもんやね♪
行ってみたら結構咲いてるし、満開の桜もあってすんごいキレイ(^o^)

出店もたくさん出てて賑やかで、行燈が昔の空気をかもし出しててこれまた良い雰囲気♪

出店のおばちゃんに話を聞くと、
「昨日一昨日までは全然やったのに良い時に来はったわ」と教えてもらって、

ん?長野やのにもしかして大阪弁?と思いながら、
何も聞かずにスーっとフェイドアウト。

ライトアップされてお城の掘りの水面にうつった桜が幻想的でホントにキレかった。
その桜の写真がこれ!

写真で伝わるかなぁ~